PR

まるで宝石箱!銀の森 プティボワ クッキー缶の開封レポ

おすすめスイーツ

「銀の森 プティボワ」というクッキー缶を知っていますか?

まるで宝石箱のような美しい缶に、どんぐり粉やクマザサなどの森の食材を使った珍しいクッキーが詰まった話題のクッキー缶です。

今回はその「銀の森 プティボワ」の120缶サイズの開封レポを書いていきたいと思います!

この記事にはプロモーションが含まれています。

Oisix(おいしっくす)

銀の森 プティボワ 120缶を開封!

百貨店で銀の森のポップアップショップが出店されていたので、ネットでは購入できない120缶を購入しました。

外装

銀の森 プティボワは缶だけでなく、外箱もギフトバッグも素敵です。

箔押しで高級感のあるバッグはアクセサリーショップのバッグのよう。

銀の森のお菓子はリスの料理長チェスと副料理長のナッツが心を込めて丁寧に作っているというのがコンセプト。

外箱の2匹のリスは料理長のチェスと副料理長のナッツかもしれません。

外国の高級な壁紙のような繊細なテキスタイルが素敵。

外箱を開封して缶とご対面。

SNSで見て一目ぼれした缶。

高級感のあるエンボス加工が宝石箱のよう。

クッキー

蓋を開けると11種類の素敵なお菓子がぎっしりと詰まっていました。

クッキーにメレンゲ、ナッツにドライフルーツ。

プティボワは小さな森を再現したそうで、どれも森の恵みをふんだんに使ったお菓子です。

11種類をひとつひとつ紹介していきます。

Nantais cajou(どんぐりの香りとカシューナッツ)

どんぐり粉を使ったクッキーはホロホロとして優しいくちどけ。

バターの風味がリッチで高級感のある味わいです。

Sansho(山椒)

ほのかな山椒の味わいの甘さ控えめクッキーです。

山椒の味わいはほのかに香る程度なので、山椒独特の癖はなく食べやすいです。

Wolfberry(ココアの黒い生地とクコの実)

小さくてかわいらしいココアクッキー。

クコの実の食感が楽しいクッキーです。

Pale(チーズとサレの森の小石)

塩気の利いたチーズ味のクッキー。

このクッキーはワインのおつまみにも合うようなしょっぱい系の味わいです。

Gland(さくっと食感の、どんぐり粉とヘーゼルナッツ)

こちらは絞り出しタイプのクッキー。

どんぐり粉のクッキーはバターと相性が良いのか、このクッキーもバターの味わいが豊かです。

Croquem Noix(キャラメリゼされたナッツ達)

アーモンド、ピスタチオ、ヘーゼルナッツのキャラメリゼ。

こういったナッツそのままのお菓子があることで、森の恵みのお菓子らしく感じます。

Meringue framboise(口の中でほどける、木苺のメレンゲ菓子)

甘酸っぱい木苺の風味が口いっぱい広がるメレンゲ菓子。

ピンク色の丸い形が宝石のよう。

Feuilles(発酵バターと黒胡椒、シナモンの香り)

このクッキーもバターの風味豊かなクッキーです。

ほのかな黒胡椒のおかげか甘さは控えめです。

Nantais Plaine(どんぐりの香りとザクザクした砂糖の食感)

どんぐり粉の甘さ控えめクッキーにザラメ糖が合うクッキー。

キラキラのザラメが箱の中を華やかにさせてくれます。

Aubepine(甘酸っぱい山査子の細い幹)

山査子のドライフルーツ。

甘酸っぱいグミキャンディーのようなクセになる味わい。

Sasa(熊笹風味の葉っぱのクッキー)

ほんのり緑がかったクッキー。

ヨモギよりも優しく、葉特有の爽やかな風味のある味わいです。

銀の森 プティボワ 120缶 総評

パッケージも素敵で、開けたときのバラエティの豊かさと合わせて目でも楽しめるクッキーでした。

クッキーはどれも甘さ控えめで、森の恵みを生かした自然な味わいでとてもおいしくいただきました。

個人的にお気に入りのクッキーベスト3はGland、Aubepine、Sasaです。

どんぐりやクマザサなど普段なかなか味わえない食材をおいしく楽しめて大満足です。

今回紹介した120缶はオンラインストアで購入できませんが、もう少し大きいサイズの150缶と180缶はネット通販で購入可能です。

素敵な森の恵みをぜひ味わってみてください。

▽オンラインストアでの購入はこちらからどうぞ。

プロフィール
管理人
ハチ

ブログ管理人のハチです。
世界の料理や食文化に興味があり、調べたことを発信しています。
国内外の食べ物の紹介、食文化や歴史の雑学記事がメインです。

なお、このサイト記事はプロモーションが含まれており、管理人はアフィリエイトで収益を得ています。

ハチをフォローする
おすすめスイーツ
ハチをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました